節分の定番お菓子、虎屋「鬼の棒」に迫る ~後編~

「虎屋『鬼の棒』に迫る」後編、大将と若旦那へのインタビューの様子をお届けします。屋外で行なわれていたという昔の「鬼の棒」制作の風景や、現代の「鬼の棒」事情についても話を聞くことができました。(「鬼の棒」製造工程を紹介した前編はこちら

取材/撮影:村尾悦郎

 

虎屋さんインタビュー

―この「鬼の棒」ですが、子供のころ、幼稚園で配られる節分のお菓子としてすごく楽しみにしてました。

虎屋・大将
虎屋・大将

そうかね。昔は幼稚園とかにも出しよったし、病院とかにも出しよったよ。

虎屋・若旦那
虎屋・若旦那

今は「ベタベタするから」ってそういった所に出すのは少なくなってますね(笑)

―市内で「鬼の棒」を作られているのは現在では虎屋さんだけですか?

虎屋・大将
虎屋・大将

うん、そうやし、今もう西日本でウチだけよ。

―えっ そうなんですか?

虎屋・若旦那
虎屋・若旦那

はい。作られなくなって、他の町からもウチにお願いが来ることもあります。

―そんなにレアなお菓子なんですね。

虎屋・大将
虎屋・大将

レアよね(笑) 宇部とかにも送ったりしますよ。

―送る場所で一番遠いところはどこですか?

虎屋・若旦那
虎屋・若旦那

でも、宇部が一番遠いかな? 結構いろんなところから依頼があるんですけど、ウチも作れる本数に限りがあるので、申し訳ないけどお断りすることもあります。

―そんな「鬼の棒事情」があったんですね。ちなみに虎屋さんでは一日で何本ぐらい作られるんですか?

虎屋・若旦那
虎屋・若旦那

普通のサイズ(30cmほど)で200~300本くらいですかね。

虎屋・大将
虎屋・大将

1m以上の大きいサイズだと10本ちょいぐらいかな。

▲この時期、虎屋さんには特別製の大きな「鬼の棒」が置かれている

―「鬼の棒」はこの時期以外では作られないんですか?

虎屋・大将
虎屋・大将

うん、寒(の時期)じゃないと棒にならんの。あったかいと飴に粘り気があるけぇ手にくっつくし(笑)

―寒い時期でないと溶けてしまうと。

大将
大将

そう、溶けるし、形がだれるの。

―製造作業の中でも、力強く飴を練っている様子が印象的でしたが、同時に大変そうだなともと思いました。

虎屋・若旦那
虎屋・若旦那

重労働ですよ。「鬼の棒」はどの行程もキツいんですけど(笑) 練るのも最後の方になってくるとホントに重たくなってきます。

―かなり体力が必要そうですね。

虎屋・若旦那
虎屋・若旦那

「鬼の棒」の時期はホント大変なんですよ。飴を作るのもそうだけど、炭の煙でクラクラするときもあって。連日やってると朝起きた時に「あれ? 飲んでないのに二日酔いかな?」ってくらい体が重いことがあります(笑)

大将
大将

この頃(1月末)は他のお菓子づくりを止めて、「鬼の棒」だけに専念する日を作るんよ。一日にさっきの行程(前編で紹介した一連の流れ)を7~8セットぐらい、ぶっ通しでやってね。

―そういえば、作業の途中でお菓子をつまんだりされていましたね。

大将
大将

メシ食う時間がないのよ(笑) あんまりえらい(疲れる)と途中で休憩とるけどね。そうすると炭が終わってしまって、部屋が冷めるけぇね。1日5セットとかだったら、もう続けてやっちゃう。