Can you speak Nagatoben? 第11回「どねこね」

山口県外の人が聞いても「?」となる、ながとで使われる「とっさのひとこと」を紹介します。この連載で勉強すれば、地元の人が何と言ってるか分かるようになる…かも。今回も読者さまからの投稿ネタをお届けします!

 

Can you speak Nagatoben? 第11回 例文

それが、あっちもいたーこっちもいたーからどねこねいね!

●訳:それが、あっちもこっちも痛くてなんとか立っている状態です


●文節:
「それが/あっちも/いたー/こっちも/いたーから/どねこねいね/」

 

投稿:eighter∞ さん

 

【解説】

・どねこね=どうにかこうにか、なんとか、かろうじて

 

「なんとか」、「かろうじて」など、ギリギリの状態を指して「どねこね」と表現します。例文では「どねこね」を受ける具体的な状態が示されていませんが、そういった曖昧な「どうにかこうにか」を表現できるのも「どねこね」の特徴です。ちなみに、「どうにもならない」と伝える「どねーもこねーもならん」は、やや慣用句的に使われます。

 

「Can you speak Nagatoben?」次回お楽しみに!