Can you speak Nagatoben? 第6回「きちょっちゃった」

山口県外の人が聞いても「?」となる、ながとで使われる「とっさのひとこと」を紹介します。この連載で勉強すれば、地元の人が何と言ってるか分かるようになる…かも。おかげさまでたくさんの投稿をいただいております。今回も読者からいただいた投稿ネタをご紹介!

 

Can you speak Nagatoben? 第6回 例文

【お寺さんがきちょっちゃったほ】

●訳:「お寺の方(お坊さん)がいらっしゃってたの」
●文節:「お寺さんが/きちょっちゃったほ/」

投稿:なかがみさん

 

【解説】

・きちょっちゃったほ=いらっしゃっていたの

「来ていた」は「きちょった」ですが、これに「~しちゃった」という尊敬語がくっついて「きちょっちゃった」となります。ちなみに「ほ」は山口弁の語尾です。リズムよく跳ねながら「きちょっちゃった」というと口が気持ちいいですよ。

 

「Can you speak Nagatoben?」次回お楽しみに!

 

文章ネタ募集中!

「Can you speak Nagatoben?」コーナーで扱う、ながとの言葉で作った「ながとの人はわかるけど、山口弁が分からないひとは理解できない」文章を募集しています!

思いついた方は、ぜひコチラの情報提供フォームより応募ください。