Can you speak Nagatoben? 第3回「ちゃーちゃーいうな」

山口県外の人が聞いても「?」となる、ながとで使われる「とっさのひとこと」を紹介します。この連載で勉強すれば、地元の人が何と言ってるか分かるようになる…かも。今回は、口やかましい人を一喝するときに使うキメ台詞です!

 

Can you speak Nagatoben? 第3回 例文

【ちゃーちゃーちゃーちゃーいうなっちゃー!】

●訳:「やかましいことを言わないでください!
●文節:「ちゃーちゃー/ちゃーちゃー/いうなっちゃー」
●ブレスの位置

なし(ワンブレスで言い切りましょう)

 

【解説】

・ちゃーちゃーいう=うるさいことを言う、うるさくする

訳には「やかましいことを言わないでください」と細かな意味を書きましたが、要は「うるさい」と叱るときに使います。「ちゃーちゃー」を重ねることでリズムを取りつつ、より “うるささ” を協調します(※)。また、この文章の場合は「いうな」の発音を「ゆーな」に寄せることでより地元感を出すことができます。

(※)「ちゃー」を重ねるときは奇数で重ねると意味がつながらなくなるのでご注意を!

 

「Can you speak Nagatoben?」次回お楽しみに!

 

文章ネタ募集中!

「Can you speak Nagatoben?」コーナーで扱う、ながとの言葉で作った「ながとの人はわかるけど、山口弁が分からないひとは理解できない」文章を募集しています!

思いついた方は、ぜひコチラの情報提供フォームより応募ください。