Can you speak Nagatoben? 第2回「じょーになーけど」

山口県外の人が聞いたら「??」となるような、ながとで使われる「とっさのひとこと」を紹介します。この連載で勉強すれば、地元の人が何と言ってるか分かるようになる…かも。なんと、今回は読者からの投稿ネタです。どんな長門弁が炸裂するのでしょうか!?

 

Can you speak Nagatoben? 第2回 例文

【じょーになーけどこらえてーな】

●訳:「たくさん無くてごめんね」
●文節:「じょーに/なーけど/こらえてーな」
●ブレスの位置

※早口の人はワンブレスで話すこともあります

投稿:湊のばあば さん

 

【解説】

・じょーに=たくさん
・なーけど=無いけど
・こらえてーな=我慢してね ※今回は目上の人から言うことで「ごめんね」というニュアンスが強い

「無いけど」が「なーけど」に流れて変化する感じと、「こらえて」が「我慢して」ではなく、目上の人から言うことで「ごめんね」のニュアンスが発生しているのがポイントです。照れながら、または申し訳なさそうに話すことで柔らかい感じが演出されます。ちなみに、「なーけど」を限りなく「なーけど」に近い「なぇーけど」と発音したり、「こらえて」を限りなく「こらえて」に近い「こらーて」と発音することで、よりネイティブスピーカーに近づけます。

 

「Can you speak Nagatoben?」次回お楽しみに!

 

文章ネタ募集中!

「Can you speak Nagatoben?」コーナーで扱う、ながとの言葉で作った「ながとの人はわかるけど、山口弁が分からないひとは理解できない」文章を募集しています!

思いついた方は、ぜひコチラの情報提供フォームより応募ください。