ながとの “英雄” チキンヒーローのおはなし

 

ながとの “定番”

―「チキンヒーロー」は県内にもかなり浸透していますよね?

長尾さん
長尾さん

そうですね、県内でもたくさん出荷していますし、販売エリアは関西の方にまで広がっています。特にながとではソウルフード的な存在になっていますよね。

 

▲「チキンヒーロー」は市内のスーパーなどで手軽に購入できる

 

―ながとだと、もはや「手羽中」自体のことを「チキンヒーロー」と呼ぶぐらいだと思います。

長尾さん
長尾さん

そうかもしれないですね(笑)

 

―ここまで広がったのは、大人から子供まで食べやすい味だからでしょうか?

長尾さん
長尾さん

だと思います。骨付きのおいしい肉を、みんな好きな揚げものとして食べますからね。身離れもいいから食べやすいし。

 

―ながとの子供たちはお弁当に入ってると喜びますよね。

長尾さん
長尾さん

運動会のお弁当とかだと「エビフライかチキンヒーローか」ぐらい、もうド定番のメニューですね(笑)

 

―開発当時のコンセプトはあったんでしょうか?

長尾さん
長尾さん

やっぱり「お弁当の具材」でしょうね。今のお弁当のおかずはレンジ調理など手をかけないスタイルで、調理が必要なものはウケないと思うんです。でも、チキンヒーローはそんな中でもしっかりと生き残っていますね。

 

―私が子供のころは約20~30年前ですが、その時すでに定番化していたように思います。

長尾さん
長尾さん

そうですね、主力商品として定着していましたよ。ちなみに僕はそのころ、深川養鶏に入っています。新人研修でチキンヒーローの加工をやって、冷凍作業も絡むからすごく寒い思いを記憶があります(笑)

 

 

―そのころは発売から10年ほどですが、商品が“定番”といえる基準の年数はあるのでしょうか?

長尾さん
長尾さん

そうですね、難しいけど、10年経っても作り続けている商品はもう完全に定番と言っていいものですよ。商品のサイクルってものすごく早くて、1年から3年ぐらいで回り続けるものなんです。

 

―10年以上生き残る商品は少ないんですね。

長尾さん
長尾さん

時の流れとともにお客さんのニーズと、味の好みも変わっていきますからね。

 

―チキンヒーローは時代によって味の移り変わりってあるんでしょうか

長尾さん
長尾さん

それが、あまり変わってないと思うんですよね(笑)。微妙な調整はあるかもしれないけれども、昔も今も、味のイメージはそんなに変わってないと思います。

 

 

―これまでの歴史の中で味違いの商品なんかも出されているんでしょうか?

長尾さん
長尾さん

ありそうですけどね~、カレー味とか。でも現状はこの味だけですから、残ってないんだと思います。

 

―この味が定番として残っているんですね。

長尾さん
長尾さん

はい。こういう定番商品は変えたりすると売れなくなることも多いんですよ。パッケージを変えただけで売れ行きが落ちてしまうこともあるぐらいで。やっぱり外観を含めても商品のイメージがあって、それも大事なことなんです。

 

―なるほど。外観といえば、チキンヒーローのオレンジ色ってなんの色なんでしょうか?

▲調理前の「チキンヒーロー」

 

長尾さん
長尾さん

それはスパイスの色ですよ。心配しなくても着色料的なものではないです(笑)

 

―長尾さんおすすめの食べ方ってありますか?

長尾さん
長尾さん

いや、あれはもうそのまま油で揚げたのが一番おいしいと思いますよ(笑)。なにか加えたりとかすることなくね。お弁当で冷めてもおいしいし。

 

―バーベキューなどで焼いて食べられる方もいらっしゃいますよね。

長尾さん
長尾さん

そうですね。そうなんですけど……チキンヒーローに関してだけは、僕は揚げて欲しいな。だって、網で焼くと脂が落ちちゃうでしょう(笑)

 

―やはり揚げですか。

長尾さん
長尾さん

今はバーベキューでマシュマロすら焼く時代だから、何でもアリなのかもしれないけどね(笑)。僕は揚げが一番おいしいと思います。

 

―おすすめの油の温度、揚げ時間ってあるんですか?

長尾さん
長尾さん

それは深川養鶏の案内どおりに「冷凍のまま170℃の油で3分間」ですよ。調理器具や油の量の差はあるかもしれないけど、これを基本に、好みで温度と時間を調整したら間違いは少ないと思います。

 

▲170℃の油で3分間。これが「チキンヒーロー」の基本調理法だ

 

―最後に、「チキンヒーロー」の魅力って、どんなところだと思いますか?

長尾さん
長尾さん

そうですね……まず、子供から大人まで、みんなが好きになるスタンダードな味付けと、ほんの少しのスパイシーさ。そして骨付き肉という一番うまみのある肉だということ。さらに、冷めてもおいしいという。まさに “ヒーロー” の名に恥じない、“王道” なところだと思いますよ。

 

 

深川養鶏農業協同組合(公式サイト)